2013年10月アーカイブ

腕時計が好きだ。デザインの気に行った腕時計をつけているととてもわくわくした気持ちになる。

過去には10本以上の腕時計を購入し、現在その時々の気分によって使いわけている。

自分の中で時代時代で流行りがあり、ダイバーズウォッチ、皮のベルトのもの、とにかくごついもの、かわいいもの、デジタル、この会社のもの、と欲しいものが尽きることなく飽きないアイテムである。

今、一番のお気に入りはコグというブランドの遊び心満載のごつめの腕時計である。カジュアルな服装の時には違和感なく、フォーマルでもそれなりに見えるところが自分の好みだ。

近年、携帯やスマホを時計かわりにし、腕時計どころか目覚まし時計はじめ時計そのものを持たない人が増えているというが、腕時計ファンから言わせると、時計には機能性の他にデザイン性の価値が極めて高い。それゆえ、どれだけ便利になっても需要はなくならないどころか、皆が持っていないところに惹かれ、需要が高まることもあるだろう。

ただ、腕時計には自分にとってどうしようもない難点がある。特に夏に、手首があせもになってしまうのである。一時は病院で診察を受け、手首に包帯を巻かれ、友人には自殺未遂かと疑われたものである。これさえなければ、年間通して快適な腕時計ライフが楽しめるのにと思う。
腕時計って携帯電話を持つようになってからあまり必要性を感じずにいました。
携帯の電源さえ入れれば時間はすぐにわかりますし、あえて腕時計じゃなくってもいいのかなと思ってたんですよね。
でも、東日本大震災時に5日ほど停電しまして、携帯電話の充電ができないときに腕時計があることを思い出し、荷物の散乱してる中探し出して身につけ始めました。
その腕時計は亡くなった母の形見でしたが、母の形見としてしまいこんでいたのに動いていてくれて嬉しかったです。
おかげで携帯電話がなくても時間をチェックすることができました。
改めて便利だなと痛感した出来事です。
その後、腕時計をつけるようになりました。
いちいちバッグから携帯電話を取り出して携帯電話の電源入れて、などとしなくてもパッと時間を見れるのは便利ですね。
ところが、震災から1年ほど経過したころに、母の腕時計が電池切れで動かなくなってしまったんです。
すぐに電池交換をしてきたのですが、大事な母の腕時計は普段はしまっておこうとふと思って、電池交換したお店で新しい腕時計を購入しました。
そんなに高級なものではありません。
ちょっと頑張れば買える程度の腕時計ですが、すごく気に入ったものなので、大事に使いたいですね。


このアーカイブについて

このページには、2013年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。