腕時計の価値の判断基準は金額のみではない

| コメント(0) | トラックバック(0)

私は子供のころから時計に不思議な魅力を感じていました。

ことにマークジェイコブス時計が大好きでした。子供心に親の身につける時計

を美しい、カッコイイと思ったものでした。

そんな私が大学を卒業して就職し、就職祝いに機械式時計を

買いました。本当はパテックフィリップが欲しかったのです

がそのような高級時計には手が届くわけもなく、安くともし

っかりしたものを買おうと思い、エポスを買いました。エポ

スのオリジナーレハンドワインドでした。10万円弱の時計で

すが、れっきとした機械式時計で、それまでクォーツしか身

につけたことのなかった私を感動させるには十分でした。

エポスは低価格ですが高度な技術が盛り込まれている時計と

して有名です。創業の歴史も古くはありませんが、時計業界

がクォーツショックに見舞われている最中に機械式時計で勝

負を賭けたエポスの製品は、有名ブランドと比べてもなんら

遜色ありません。その証拠に、エポスは2004に

「Ref.3340」を発表し、これは欧州で最も権威のあるUHREN

金賞を受賞しています。

腕時計がいいものかどうかを判断する基準は、なにも値段の

実にあるのではありません。値段も理由があって高い低いの

差が出ているので、判断基準の一つであることは確かです

が、安くてもいいものはあるのです。私はエポスを通じてそ

う確信しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ft-s.net/mt/mt/mt-tb.cgi/37

コメントする

このブログ記事について

このページは、tokiwa2010が2015年8月14日 14:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「腕時計には、こだわっています」です。

次のブログ記事は「大好きな可愛いアイスウォッチの魅力」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。